住宅金融支援機構より、「住宅ローン利用者の実態調査」が発表されましたので、内容をチェックしてみましょう。

今後、住宅ローンを組んで住宅購入検討している方には、参考にしてください。

■【調査の概要】
1 インターネット調査
2 調査対象 2019年4月~2019年9月までに住宅ローンの借入をされた方1,548件を調査対象
3 調査実施期間 2020年3月3日~3月23日
4 利用した住宅ローンの金利タイプや住宅ローン選びに関する事項

■【調査結果の概要】

●利用した金利タイプ
変動型 59.0%
固定期間選択型 26.7%
全期間固定型 14.3%
⇒前年と同様「変動型」が約6割

●固定金利選択型(当初の金利固定期間)
10年超 45.7%
10年 32.4%
その他10年未満 4.8%
5年 9.7%
3年 6.8%
2年 0.7%
⇒10年or10年以上で約8割弱

●全期間固定型の商品内訳
フラット35以外 33.9%
フラット35 66.1%

●世帯年収
いずれの金利タイプも「400万円超~800万円以下」の年収範囲にある世帯が全体の約6割を占める

●融資率
「変動型」と「固定期間選択型」は融資率90%超100%以下」で
「全期間固定型」は「80%超90%以下」で
それぞれ利用割買いが最も多い。

●返済負担率
いずれの金利タイプも、返済負担率「15%~20%以内」の利用割合が最も高い。

●利用した住宅ローンを選んだ理由(TOP3)
(フラット35以外の利用者)
・金利が低い
・団体信用生命保険の充実
・住宅・販売事業者の勧め

●フラット35を選んだ理由
・返済額を確定しておきたかった
・金利が安い
・フラット35S(優良住宅取得支援制度)

【参考元資料】 「住宅金融支援機構」の住宅ローン利用者の実態調査

また、上記には掲載されていませんが、先日、ある銀行担当者と話したところ、新型コロナウイルスによる影響で、住宅ローンのボーナス返済を利用する人が激減したと言っていました。

ボーナスが減ると予想している方が多い業種は、製造業、サービス業、飲食業と言われています。

その他の業種でも減額、カットされることもあるでしょう。

住宅ローン返済に当てる原資はボーナスを見込まないほうがよさそうです。

また、あるアンケートによるとコロナ禍で、約3割の人がボーナス返済を後悔しているそうです。

住宅ローン利用者の中には「借金である住宅ローンは早く返した方が良い」という考えを持ち、ボーナス返済で早めの完済を目指す方もいますが、不確実性の高い今の時代には、ボーナス返済はやめて、月々返済をしながら、繰り上げ返済を考えていくのがおすすめです。

繰り上げ返済用に貯めた現金は手元に置いておけば、なにかと安心です。

手元に現金があれば、急な収入減や出費にも対応することができ、教育ローンやカードローンなど住宅ローンの金利よりも高いローンを利用することもなくなります。

資金計画はゆとりのある暮らしをするためにとても大切です。

☆不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。