全国の空き家率の増加が問題となっていますが、国や自治体、様々な企業がその解決に取り組んでいます。

空き家問題の根底にある課題のひとつは、空き家の資産性です。

空き家が発生する最大の要因は相続です。

相続した不動産が、売ることもできず、貸すこともできず、また相続手続きをするにしても費用倒れになってしまう、といった要因が重なると、どうしようもなくなって放置されてしまう、ということが発生します。

もしその不動産に資産価値があれば、つまり簡単に現金化できる価値があれば、放置されるといったことはないはずです。

ではなぜ現金化できないのでしょか?

その理由は、需要がないことが一番です。

買い手がいない、借り手もいない、という状況です。

ただ、こうした状況に、なんとかして需要を掘り起こそう努力する企業もあります。

再建築できないエリアだとしても既存物件をリフォームして建物の資産価値を維持する方法、立地特性を活かして駐輪場としての需要を掘り起こす方法、クリエイターやアーティストなどの宣伝活動の場として提供する、など住宅用地としての利用にとらわれず、活用方法を提案してくれる企業が出てきています。

空き家に関する意識調査によると、その運用にかかると予想費用としては「1000万円以上」と回答した方が多かった一方、実際に運用している方のかかった費用としては「200万円未満だった」との回答が最多だったようです。

イメージとして「空き家の運用には費用がかかってしまう」という先入観のようなものがあるんですね。

併せて、実際に運用している方の6割以上が「運用方法に満足している」と回答しているそうです。

資産価値の維持できる不動産を持つことが大前提ですが、仮に資産価値に問題のある不動産を所有してしまったとしても、解決策はあるかもしれません。

いわゆる「多様化の時代」と呼ばれる現代では、思いがけない需要があることもあります。

また、そうした需要を抱える方とインターネットで簡単にマッチングできます。

抱えた不動産を単に「負動産」として放置するのではなく、できる限りの方法で活用・処分の道を検討されてはいかがでしょうか。

弊社でも、不動産の出口に関する情報収集と提供を進めていくことで、皆様に、より適切なアドバイスを提供できればと思います。

☆不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。