一般社団法人日本建築学会は「激甚化する水害への建築分野の取組むべき課題~戸建て住宅を中心として~」と題する提言を発表しました。

これは、建築関連団体や土木分野の関連学協会と連携し、取り組むべき喫緊の課題をまとめた提言です。

この提言において、昨今の水災害の激甚化について触れられています。

ここ数年は特に、大型台風の発生やゲリラ豪雨など、これまでにない規模での災害が毎年のように怒っています。

2018 年 7 月豪雨、2019 年台風第 15 号、第 19 号など、多くの犠牲者が出てしまった災害もありました。

こうした背景もあり、水害がもたらす被害の実態調査、データの収集、蓄積、調査の重要性と、建築・都市計画両面からの耐水性能の確立が喫緊の課題です。

建築の分野からは、「水害に耐える建築構造技術の開発」と「水害からの復旧性能の高い建築物の開発」などが重要とされています。

浸水によって木材や断熱材が水を含んでしまうと、含水率の高い状態が維持されてしまい、微生物の汚染源となってしまいます。

また、下水が逆流した場合や、工場の排水などが流出したケースなど、衛生面に深刻な被害が生じてしまう事例もありました。

こうした場合の処置の方法などの確立も重要な課題として挙げられています。

併せて重要なのが、都市計画の側面からのアプローチです。

浸水想定区域図やハザードマップに対応するかたちで、より地域の状況に即した具体的な浸水対策の技術基準を作らなければならないでしょう。

この中には、「ハザードエリアから居住誘導区域への自主的な移転を支援」といった項目もあります。

人が住むべきエリアと、そうでないエリアを線引きするという考え方が必要になります。

この制度はまだ実現していませんが、今後人口が減少し、空き家が増えていった場合には、当然、こうした考え方が広がるでしょう。

土地や建物が余っているときに、あえて危険なエリアに住もうという人はいなくなります。

それはそのまま「不動産の資産価値」に影響を与えます。

政策しての移住支援が確立されれば、税制優遇(固定資産税の軽減)なども検討されるかもしれません。

住まいとしての安全性の面からも、資産としての安定性の面からも、ハザードマップの確認をする意識を持ちたいですね。

購入物件を検討される場合には、ハザードマップの確認というポイントも気にしていただきたいと思います。

もし気になる物件が見つかりましたら、お気軽にエージェントまでご相談ください。

経験豊富なエージェントが、具体的な条件を精査のうえ、「買主の立場に立って」アドバイスをさせていただきます。

☆不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。