経理用語でいうところの「耐用年数」を寿命のことだと思っている人がいるかもしれませんが、まったくそんなことはありません。

戸建てはよく築20年で価値がゼロになるということを聞いたことがあるかもしれません。

しかし、これは20年で寿命だという事ではなく、耐用年数が22年というところから「だいたい20年」という話が独り歩きしてしまったようです。

耐用年数というのは、その期間、減価償却費として経費計上できる年数です。

耐用年数を過ぎると税務上では資産価値としてはゼロという事になります。

これは住宅だけでなく電化製品や機械なども同様で、全て耐用年数より経費を計算しているので、22年を過ぎたからといって使えなくなるわけではありません。

22年ほどで家が使えなくなったら、一生に2~3回家をかわなくてはならなくなります。

耐用年数はあくまでも税務上の計算です。

例えば、100万円の車の耐用年数が10年だった場合、10年間毎年10万円づつを経費計上する事ができ、11年目からは資産としての価値がゼロとなるというわけです。

では、現実的な寿命は?

建物の寿命は『メンテナンス次第』ではないでしょうか?

大切に家を使っている方と、そうでない方では、家の傷み方も違いますし、定期的にメンテナンスを行っていればその分寿命は長くなりますね。

当然ですが、建物のメンテナンスを行っていても経年劣化は防げません。

どれだけ長く使用する事が出来るかが重要ですので、雨漏りや外壁のヒビなどを放置せず、こまめに修繕して大切に使っていきましょう。

また、その他の耐用年数を参考まで。

●軽量鉄骨プレハブ造(骨格材肉厚3㎜以下) 19年
●軽量鉄骨プレハブ造(骨格材肉厚3㎜超4㎜以下) 27年
●重量鉄骨造(骨格材肉厚4㎜超) 34年
●鉄筋コンクリート造 47年

こまめにメンテナンスをすることで寿命を伸ばすことができるとともに、急に売却する事になったとしても買い手もすぐ見つかる可能性が高くなります。

将来的にライフスタイルの変化で売却することになっても、高く買ってもらえるようメンテナンスをしっかりしておきましょう。

不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

お問い合わせはこちら