新型コロナウイルスの影響で、(独)住宅金融支援機構は、お客様コールセンターへの相談件数(2020年2月~5月)が、累計2,265件に達したと発表しました。

住宅購入はローンを使われる方がほとんどでしょう。

そんな中、新型コロナウイルスの影響で返済に不安を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実際に、ローン返済の猶予やボーナス返済の取りやめなどの問合せ件数が増えています。

住宅ローンを組むとき、返済方法も同時に決めますが、早く返したいという気持ちから、ボーナス払いや借入年数を短くしてローンを組む方も多いと思います。

弊社では、住宅ローンは無理のない返済方法をお勧めしているのは当然ですが、ボーナス払いの併用もお勧めしていません。

楽に返済できる範囲でローンを組んで、繰り上げ返済をしていくというのがおすすめです。

というのも、ボーナス払いや期間の短縮は支払方法が最初に決まってしまうので、ご自身の状況に関係なく返済は求められてしまいます。

住宅金融支援機構では、各種の返済方法変更メニューを伝え、利用者の返済継続を支援するそうです。

返済方法変更メニューとは、

①返済特例(返済期間の延長や元金の返済に据置期間を設定することで、毎月の返済額を減らす)

②中ゆとり(顧客と相談した期間内で、毎月の返済額を減らす)

③ボーナス返済の取りやめ(このほか、ボーナス返済月の変更、毎月分・ボーナス返済分の返済額の内訳の変更も可能)

①~③は同時に組み合わせる事もでき、手数料は無料との事です。

住宅ローンを組んでいる年数はそれぞれですが、その期間はこの先も何があるかは誰にもわからないと思います。

ご自身のタイミングで選択が出来るよう、無理のない資金計画・返済方法で住宅を購入される事をお勧めします。

☆不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。