不動産情報のポータルサイトで有名な「アットホーム」を運営するアットホーム株式会社は、AIを活用して複数の物件情報を解析し同一棟を判定する「集合住宅名寄せプログラム」を開発、特許を出願したと発表しました。

「アットホーム」や「SUUMO」などの不動産検索ポータルサイトを利用すると、「いくつも同じ物件が掲載されている」「新着として通知がきても同じ物件」と感じる人も多いでしょう。

ポータルサイトへの掲載については、事業者が広告掲載料を支払えば自由に掲載ができるからです。

同一の物件がすでに掲載されていても問題ないのです。

今回、アットホームが開発したプログラムでは、AIを使って同一物件かどうかを判定することができるようになったとのことです。

ポータルサイトへの物件登録は、各事業者が手入力しています。

そのため、同じ物件であっても入力項目の差異や、入力ミスなどが生じてしまいます。

例えば「パークホームズ」と「パーク・ホームズ」や、「四ツ谷」と「四谷」といったように、単純に機械判定をかけても、同一物件と判断することが難しいのが通常でした。

アットホームが開発したプログラムでは、人と同程度の処理精度を実現することができるようになった、とのことです。

具体的な処理の方法はわかりませんが、このプログラムの開発によって「アットホーム」の利便性は向上するでしょう。

これでますます消費者は優良な情報を手にすることができます。

しかし、不動産売買において本当に大切なのは、その情報の正しい判断や活用方法を提案できるか、ということです。

それをすることこそが不動産業者の存在価値でしょう。

☆不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。