住宅購入する時に、住む街を決めて探し始める方は多いでしょう。

では、どうやって住む街を選んでいるのでしょうか?

一般的には

①交通利便性 ②生活利便性 ③居住快適性 ④安全性 ⑤資産性 ⑥街の雰囲気

などが考えられます。

弊社では資産性の高い住宅購入をお勧めしておりますが、上記の項目をすべて満たす街が良い街です。

次に「住みたい街」と「住みやすい街」について考えてみましょう。

「住みたい街はどこですか?」と聞かれた場合、皆さんの答えは憧れの街になるのでは?

では、「住みやすい街は?」と聞かれたら、交通の利便性が良い、物価が安い、暮らしやすい街となり、上記で挙げた内容となってくるかと思います。

また、住みやすい街の基準でいうと、人によって重要視する点が違うので、多少条件も異なってくるかと思います。

年齢・職業・家族構成などで住みやすい街は変わります。

皆さんはその中でも何が条件になるのかを充分に検討しながら街選びをされてみてください。

毎年、住みたい街、住みやすい街、買って住みたい街、借りて住みたい街などのランキングが色んなサイトで出ているかと思います。

住みたい街:横浜・恵比寿・吉祥寺

住まいやすい街:川口・赤羽・たまプラーザ

買って住みたい街:勝どき・恵比寿・三鷹

借りて住みたい街:池袋・葛西・川崎

それぞれの上位をあげてみました。

住宅を購入するにあたって、長い目で見ると資産性も重要です。ランキングにあがる街も候補に入れしつつ、実際に街の雰囲気などを見にいってみましょう。

☆不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。