ある住宅関連の雑誌に、間取りの失敗ランキングが掲載されていました。

1位…収納
2位…部屋の広さ
3位…庭やバルコニー
4位…明るさ
5位…動線
6位…家の形
7位…音
8位…風通し
9位…視線
10位…温度

1位の収納は、子供の成長と共に物が増えて、収納が足りなくなったというのが、失敗と感じる原因のようです。

また、ウォークインクローゼットの扉の配置や開き方などで物が取り出しにくい、広い収納をつくったけど場所が悪く運ぶのが大変なども失敗理由として挙げられていました。

7位の音というのは、足音や水回りの音です。

他の方が失敗したと感じることをあらかじめ知っておくというのは、同じ失敗をしないために大切ですね。

ちなみに解決策もありましたので、一部紹介します。

●収納は適材適所に設けて使い勝手を良くし、扉はなくす。

●窓はできるだけ多方向に設ける。

●音に関しては水回りとくつろぎ空間はできるだけ距離をとる。

●風通しには対角線、上下などに開口部を配置して換気をする。

こんな感じです。

家族全員が納得・満足する間取りというのはなかなか難しいかもしれませんが、お互いに話し合う時間というのが楽しいものですよね。

不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。