岡山市中区で30年!アーキ不動産です。

今日は耐水害住宅についてです。この前TV番組でやっていました。注目されているようですね。

耐水害住宅とは

玄関ドアや窓ガラスの隙間から水が入らないよう、パッキンを取り付けたり、壁面には防水塗料・シートを使用しています。

床下の換気口は水位が上昇すると自然に閉じるよう工夫されています。

また、トイレや風呂などの排水管には逆流防止弁を付け、エアコンの室外機などは高い位置に取り付けるなどの工夫がされている住宅です。

防災科学技術研究所と住宅メーカーの一条工務店がゲリラ豪雨や洪水に対応できる「耐水害住宅」の公開実験を行った。

という日本経済新聞の記事があります。

こちら
↓↓↓
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50526140S9A001C1000000/

ゲリラ豪雨や洪水が発生すると、低地にある住宅では床上・床下浸水が怖いですよね。

開口部から水が入り込むだけでなく、排水管からの逆流によって住宅内に水が侵入する場合も考えられます。

屋内が水没した状態ではとても生活できません。

家財が濡れてしまえば、カビが生えて使い物にならなくなります。

結果、豪雨や洪水が過ぎ去った後も復旧にはかなりの時間がかかります。

通常の生活に戻るためには費用と時間がかかるるのが水害の怖いところです。

精神的苦痛も大きいです。

水害リスクのある住宅では大雨の時などに土のうを積んで対処するのも必要です。

ただ、そもそも住宅自体が水害に耐える構造になっていれば、さらに安心ですよね。

住む場所を選ぶ事が出来ない場合、このような住宅の開発はとても希望が持てるニュースでした。

これから自宅を建て替える予定の方は参考していただけると幸いです。

不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

お問い合わせはこちら