不動産業界のしくみって一般の人にはわかりにくいですよね。

怪しい・・・という印象をお持ちの方も多いのでは?

そもそも不動産仲介会社とは具体的に何をしてくれるのでしょうか?

不動産仲介とは、売買もしくは賃貸の時に「売主と買主」「貸主と借主」の間で契約を交わしますが、その難しい法的手続きや契約の内容を取りまとめて契約書等の作成を行い、その時の重要事項説明をのが仕事です。

これだけを並べると簡単なことのように思いますが、もちろん物件の査定や不動産に関する知識をもってお客様の代わりに目利きを行うのも大切な業務の一つです。

売買や賃貸の仲介をすることで、仲介手数料をいただくわけですが、仲介手数料が無料、という場合があることをご存じでしょうか?

先程お伝えしました通り、通常は、売主・買主の共に仲介業者がおり、仲介業者に仲介手数料が入る仕組みですが、不動産の取引に仲介業者が入らない場合においては、仲介手数料がかからない場合があります。

それは下記のようなケースです。

新築マンションを建てたり、大きな土地を分けてきれいに整地して分譲地をつくる といったいわゆる『不動産ディベロッパー』が不動産仲介業者を通さないケースです。

つまり、不動産業者が“自ら”、直接「消費者」に販売する場合です。

その場合は、仲介手数料はかかりません。

≪参考までに≫

不動産業者といってもいろいろな形があります。

・「不動産ディベロッパー」は、不動産(土地や建物)をつくるプロ

・「不動産仲介業者」は、不動産の取引をまとめるプロ

・「不動産管理業」は、賃貸マンションやアパートなどの募集・賃料の管理等を行っているプロ 等

仲介手数料がかからない場合、一見お得に感じますが、下記のようなデメリットもあります。

・売りたい側の不動産業者(プロ)の都合の良い諸条件で交渉される場合もあります。

・宅建業法で説明しなければならない項目は説明しますが、マイナス情報など法に触れない項目については自分で調べる必要があります。

・建築条件付きと広告に記載があるものは、建築会社を選べない場合もあります。

不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

お問い合わせはこちら