不動産購入で失敗しないためには、業者任せにしてはいけません。

あなたもしっかりと情報収集をして知識を身に着けましょう。

昔は不動産の情報を一般の方が手に入れるのは大変でした。

でも、今はインターネットの普及で、カンタンに不動産情報が手に入ります。

いい時代になりました。

スーモなどのポータルサイトで物件を探して、その物件を掲載している不動産業者に連絡します。

不動産の購入だから、物件の善し悪しが一番大切だと思うかもしれませんが、実はそうではありません。

物件そのものよりも、「家の買い方」の方が何倍も重要です。

どんなに悪い物件だって、腕利きの営業マンが全力でPRしたら、お買い得という気になってしまいます。

売りつけてやるぞ!っていう営業マンがいることは事実。

どんな不動産営業マンと付き合うかによって、家の購入の成否が決まります。

今回は、営業マンのレベルを見分ける方法のひとつをお伝えします。

営業マンに次の質問をしてみてください。

特に中古住宅を購入する場合には、この質問にわかりやすく答えてくれる営業マンは超優秀です。

その質問とは、「住宅ローン減税の手続きを案内してもらえますか?」

住宅ローン減税は宅建業の範囲の問題ではないし、中古の場合は適用要件が複雑で、よっぽど勉強していないとまともに答えられない質問なのです。

不動産営業マンの守備範囲ではなく、税理士に相談することなので、不動産営業マンが答えられなくても、仕方ないかなという問題です。

しかし、この質問に的確に回答できる人は、相当勉強している人だと判断できます。

不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

お問い合わせはこちら