皆さんからのご質問にお答えするということでお話をさせていただいています。

今日のご質問です。

「戸建て住宅の注文住宅を契約した」ということで建築の依頼をしたのです。

ところが、「資材発注のミスで引き渡しを3カ月延期してほしいという連絡を受けました。今は賃貸なので家賃を余計に3カ月支払わなければなりません。これは損害にならないでしょうか?」ということです。

困りましたね。

3カ月間、せっかく新しい家ができるのに、時間が工事に掛かってその間家賃が発生するということになったということです。

これは結論から言うと、私は出していただけると思います。

というのは、建築工事の依頼をすると、工事請負契約というのを締結します。

請負契約の中に、工期が延長された場合はどうするかというようなことは書いてございません。

ところが、契約書に定めがないことについてはお互いに話し合いをして決めると、こんなことになっています。

契約書に定めていないことだって起こり得るわけですよね。

これと似たようなことが、実は2020年、昨年ですけど、コロナウイルスの蔓延で住宅の資材が中国から入ってこないということがあって、軒並み工事が予定が立たないということがありました。

日本の建材、例えば、お風呂とか洗面台とかトイレとか、実はほとんど中国の商品なのです。

ですから、もう工場が止まって入ってこないとか、その後に工事の発注を受けた場合は工期のお約束はできませんという契約書がよくできていました。

これはまだ発注ミスということですから、これはもう頼むものを間違えたのです。

この段階がどこの段階かによるのですけど、3カ月も伸びるとなると根本的なものだと思うのですけど、何かミスをされたということです。

ですから、お互いに話し合いをするということになります。

もし、3カ月で必ずできるということであれば、もともとの工期より3カ月延びるのでしたら、これは必ず工期の延長の合意文書というのを交わしておく必要があると思います。

第〇条に定める工期を何月何日から何月何日まで延期する。

その後に、3カ月間の家賃としてこれだけはお支払いをするということもきちっと文書にしておく。

これは非常に大事だと思います。

そうすると、お互いにスッキリしますので、合意文書を交わす。

これ、建設会社の方と口約束でなくてされることをお勧めしたいと思います。

困ったことになりますけど、実はちょっとメリットもあると思います。

家を建てるというのは、たぶん初めてだと思うのです。

工事の発注するまでにどういう間取りにするとか、どういう形にするとか、何を使うとか、予算はこれだけどいくら掛かるとか、見積書、非常に分かりにくい見積書ですね、お客さんにとっては。

それで請負契約をしているのですが、3カ月あるともう1回考えられるのです。

例えば、だいたい骨組みができてからの3カ月か、骨組みができる前の3カ月かによって違うのですが、例えば、骨組みができてからの3カ月延長となったら、そこの中に入って自分でいろいろ具体的に感じながら決めることができます。

図面上で何をどうするかといくら決めてもピンとこないと思うのです。

最近、コンピューターグラフィックスでいわゆるデザインが、ある程度出来上がりが見える形になりますが、でも、実態とは違います。

あと、バーチャルで部屋の中にいながらにして、部屋の雰囲気が分かるようなものもありますが、現実との差が結構あります。

なので、3カ月延長されたら工事に関係のないところでもう1回考えてみる。

建物の中に入って、実際に天井の高さがこれぐらいになるよとか、部屋の広さがこうだよと、こんな雰囲気だよと、窓からこんなものが見えますよというのが実体験が近い形でできるのだったら、それを踏まえて内装をもう1回検討する。

これはメリットですよ。

「こういう材料を持ってきて」と、「サンプルを持ってきてください」とお願いをするのです。

実際、小さいサンプルで決めるのではなくて、もうちょっと大きなサンプルを持ってきてもらって、実体験で決めるということになります。

初めて建てる家で、実体験を伴って設計をされることはできませんから、ひょっとして、それができたら、これは3カ月延ばされたデメリットは大きなメリットに変わるかもしれません。

少なくとも、内装材の変更、これはできると思います。

ただ、内装が出来上がって、お風呂が入らないから3カ月待ってということならまた別ですけども。

その中でももう1回考える時間があるものは何があるかと、工事の代金の変更のない範囲で決めることができるなら、しっかり決めてみる。

これは楽しいと思います。

災い転じて福と成すということになると思うのです。

3カ月間楽しみながら延期されて、家賃保証をしてもらっていくということをされたら良いと思います。

☆不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。