「ステカン」または「マキカン」という言葉をご存じでしょうか?

私たち不動産業界では、電柱などに張り付けたチラシを「捨て看」「巻き看」などと呼びます。

「捨ててしまう看板」ということですね。

これらは迷惑防止条例などで禁止されていることもありますが、そもそも景観を損ないますし、雨ざらしになってボロボロになったりと、非常に迷惑なものです。

そして一番問題なのが、その物件がたいていトンデモ物件であるということです。

そんなステカンが我が家の目の前の電柱に貼られていました。ブログネタにしようと思い、調べて見ました。

ステカンの宣伝文句は下記の通り。
・〇〇駅徒歩14分
・1280万円の特別価格
・希少物件
・現金購入で割引いたします!
・連絡先090-××××-××××(担当:〇〇)
と掲載されています。

1280万円とは相場価格からしてみれば破格のです。

しかしここには、土地や建物の広さ、築年数、担当会社の名称も連絡先も掲載されていません。

必要な項目の記載もなければ、記載してはいけない宣伝文句を使っていたりと、広告のルールをガン無視です。

実際の物件を突き止めましたよ。

・建物面積70㎡未満の木造2階建
・築50年の旧耐震基準
・接道2m以下の再建築不可
・建ぺい率・容積率オーバー
・駐車スペースなし
・私道持分あり
・瑕疵担保免責

この物件、買いたい人います?

まあ、実際のところ、こういった物件が絶対に悪いわけではありません。

リスクを承知したうえで、慎重に費用対効果を検討しながら、投資用やセカンドハウス用としてのニーズはあるでしょう。

ただ、いないとは思いますが、一般消費者の方がチラシの謳い文句に惹かれて問合せをすることだけは、やめておきましょう。

違法な広告をする会社です。物件についての正確な情報を開示するとは思えません。

営業方法についても、業法に則ったものである保証はありません。

あとからトラブルに巻き込まれる可能性が高いです。

家の購入で時間がかかってしまってくると、どこかに「未公開」の「お得」な、「掘り出し物件」があるのではないかと考えてしまいがちです。

ただ実際には、そのような物件が見つかることはありません。

物件の値段が安いのは、安くないと売れないからです。

必ず理由があるということです。

家の購入は、人によっては一生に一度の高額な買い物です。

ぜひ信頼できるエージェントと相談しながら、失敗しないお住まい探しをしてください。

不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

お問い合わせはこちら