一般的に外壁は約10年に1度の割合でメンテナンスが必要になります。

外壁塗装をするとなると100万円単位のお金が必要になることもあります。

ここでは、できるだけ外壁を長持ちさせるにはどうすればよいかについてお話します。

まずは外壁の種類をおさえておきましょう。

■外壁の種類

●サイディング外壁

メンテナンスフリーと強調されることが多いですが、実際には定期的なメンテナンスが必要です。

条件によって様々なのですが、7年から10年に1度メンテナンスをするのが良いとされています。

●窯業系サイディング

セメントに繊維質を混ぜ、板状に形成した外壁材です。

色やデザインのバリエーションが豊富なため、タイル調やレンガ調などさまざまなデザインに対応できますが、劣化しやすい素材のため、こまめなメンテナンスや塗装が必要です。

●金属系サイディング

ガルバリウム鋼板やアルミニウムなどの金属板を加工した外壁材です。

断熱性や耐震性、耐用年数は金属系サイディングが優秀ですが、変形しやすいというデメリットがあります。

●木質系サイディング

素材に木材を使用した外壁材です。

木材のため火や水に弱いですが、天然木ならではの温もりがあるデザインが感じられますが、腐食や変色がしやすいという点があります。

●樹脂系サイディング

腐食やひび割れが起きやすい塩化ビニール樹脂を使用した外壁材です。

耐火性が低いという面があります。

■外壁を長持ちさせる方法①

メンテナンス性を高めるには、既存の外壁の耐候性を上げる事が必要です。

高耐久性塗料を塗装することで、外壁のメンテナンス性をさらに高めることができます。

近年登場した高耐久性塗料に無機物質を主成分とした無機塗料がありますが、トップレベルの耐候性と、汚れにくいという特徴を持ちます。

ただ、無機という素材が硬いが故に割れやすいというのがデメリットがあります。

その他、柔軟性も持つ有機塗料とかけ合わせ生まれたのが、「無機ハイブリッド塗料」です。

無機塗料を塗るよりも耐候性があり、有機塗料を塗るよりも汚れにくい無機ハイブリッド塗料は、外壁を守り、メンテナンスフリーに近づけることを可能なります。

■外壁を長持ちさせる方法②

次に、目地の耐候性をあげて長持ちさせるという方法が考えられます。

目地は動きを吸収し、地震などによって硬い外壁材にひびができるのを防ぐためのものです。

シーリング目地とタイル目地の二種類があります。

●シーリング目地とは

サイディングなどのつなぎ目にシーリング材を充填したものです。

この充填されたシーリング材が10年ほどで縮んだりヒビが発生したりと劣化を始めます。

シーリング材も改良された耐候性の高いものも販売されています。

リフォームの依頼先と相談してあらかじめ耐候性の高いシーリング材を使ってもらうことで、メンテナンスフリーに近づけることができます

■外壁を長持ちさせる方法③

ハウスメーカーが開発したメンテナンスフリー外壁を使用するという方法もあります。

外壁業者の中には、悪質な業者もいますのでそんな業者を避けるために、メンテナンスフリーの素材を勧められたときには保証が付くのか尋ねてみた方が良いと思います。

外壁を長持ちさせるためにはこまめにチェックはしていた方が良いのではないでしょうか。

☆不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。