今回は放射冷暖房についてのお話です。聞きなれない言葉ですよね?

■放射冷暖房とは何か?

放射という熱の伝わり方の仕組みを利用したものが放射冷暖房システムです。

放射冷暖房システムは主に、各部屋に設置する「ラジエータ」と冷温水をつくる「室外機」、それらをつなぐ「パイプ」からできています。

ラジエータは金属製と樹脂製があり、室外機はエアコンと同様でヒートポンプ式のものです。

ラジエータの中に水を循環させ、空間全体を放射と自然対流により、自然な温度変化と、安定した涼しさ/暖かさをつくります。

■放射冷暖房のメリットについて

各部屋に設置されたラジエータからの放射で、空間全体をあたためて(冷やして) 安定した室温に保つので、自然な室内環境が得られます。

ヒートショックの危険を回避することにもつながります。

また、エアコンやファンヒーターのような冷温風を感じることなく、体感がとても自然です。

空気中のホコリやカビなどを巻き上げず、ストレスになるようなニオイや音も発しません。

■放射冷暖房を設置するときのポイント

・ラジエータと室外機の設置とそれらをつなぐパイプなどの設備工事が必要となります。

・新築はもちろんリフォームでも設置可能です。

・放射冷暖房の効果を存分に発揮させるには、気密性能をしっかり高めることが必要不可欠です。

・ブランニングでは、効率のいいラジエータの設置場所を考慮したほうが良いそうです。

エアコンより導入コストはかかるようですが、ランニングコストは抑えられるようです。

エアコンの風が苦手な方やアレルギーを持っている方には取り入れてみるのはいかがでしょう。

☆不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。