このところ、共働きの世帯が増え、家選びをする上でも近隣に良い保育園があるかどうかは気になるところです。

近々子育て世帯になる方は事前にチェックしておきましょう。

待機児童問題が深刻である特に都市部では、保育園入園はもはや絶望的と思えてしまう地域もありますよね。

自分の子どもを保育園に入れるための活動のことを「保活」といいます。

「保活」を始める前に、保育園の種類を知っておきましょう。

保育園にはいくつかの種類があり、ライフスタイルや働き方によってどの形態の保育園が良いかは変わります。

なお、認可保育園への入園を希望する場合には、保護者の就労状況などをもとに各家庭の状況を数値化し判断されます。

必ずしも倍率だけで決まるわけではなく、数値化の方法も自治体ごとに異なるため、事前にお住まいの地域の自治体における数値化の方法について確認しておくことをおすすめします。

■保育園の種類について

●認可保育園(保育所)

認可保育園(保育所)とは、国の基準である児童福祉法にもとづき、施設の広さや保育士の数、防災管理などが基準をクリアしていることを認められている施設です。

認可保育園は国からの補助金によって運営されているため、保育料が比較的安いのが特徴です。

認可保育園の中には、自治体が運営する「公立保育園」と、社会福祉法人やNPO法人、民間企業などによって運営されている「私立保育園」があります。

●無認可保育園

園独自の教育方針を持つためや、24時間預かりなどの柔軟な保育サービスを提供するために、国が定めた基準を満たさずに運営されている園を無認可保育園と呼びます。

このように、無認可保育園に様々な特徴や魅力がありますが、保育料は認可保育園に比べると高い傾向にあります。

●認証保育園

認証保育園は、待機児童問題が深刻な東京都独自の制度です。

「認可保育園」と「無認可保育園」の間と理解すると良いかもしれません。

国の基準は満たしていなくても、東京都の独自基準を満たしていれば認証保育園として認められます。

東京都からの補助金によって運営されるため、保育料は無認可保育園よりは下がることが多いです。

認証保育園には、A型(駅前基本型)、B型(小規模型)の2種類があります。

■保育園を探す方法について

保育園探しは、ネット検索もいいですが、役所への調査も忘れないようにしましょう。

市区町村が発行する「〇〇市〇〇区 保育園入園のご案内」な、役所が発行する案内も入手してみましょう。

この「ご案内」は、市区町村の担当窓口(保育課など)でもらえるほか、認可保育園や子育て支援施設などにも置かれている場合が多いでしょう。

市区町村のホームページでも内容を掲載していますので、民間のHPもいいですが、役所のHPも念のため調べてみても良いかもしれません。

家を買うということは、居住するエリアを自分で選択する つまり、自治体を選ぶということにもなります。

行政の「今」を知ることで十分に対策を講じることができます。

知っていて選ぶのと知らずに選ばされてしまうのでは天と地ほどの差があります。

物件だけに限らず、広い視点で情報収集を行うことをお勧めいたします。

行政が発表している情報をまとめたサイト(生活ドットコム)

全国の保育所数と待機児童数について調べる(全国815自治体が調べられます)

☆不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。