コロナ時代の理想の家に関する調査を行った結果、新型コロナの流行で家に対する考え方を変えましたか?というアンケートの回答の7割近く(67.9%)が「はい」となりました。

具体的に、新型コロナ流行前の家に求めていた理想像をみると、「通勤・通学が便利な立地」が42.2%で最も多く、次いで「広さ・間取り」(22.2%)、「耐震性や耐久性」(15.3%)との回答が上位でした。

一方、新型コロナ流行後には、「在宅勤務スペースの確保」が36.8%で最も多く、次いで「遊べる空間がある」(24.5%)、「趣味に没頭できる空間」(12.3%)と続きます。
流行後は衣食住としての住まいだけでなく「遊」を家にも求めるようになったということでしょう。

実際に弊社のお客様でもリフォーム内容をお聞きすると、在宅勤務が出来るようにスペースを確保することを考えていらっしゃる方が多く、簡易的なスペースを作る方もいらっしゃいます。

中には壁に取り付けるような折り式のテーブルなどを設置しようと検討される方もいらっしゃいます。

また、テレワークが進むにつれて最近では駅前にテレワークスペースとして利用できる施設が新しくオープンしたり、マンションでは共用スペースをテレワークとしても利用できるようになってきています。

今後、働き方の変更によって、家に求めるものも変わるでしょう。

出勤回数が減ると、郊外に家を検討されているという事もよく聞きますが、実際にはやはり都心に家を買う方が資産価値的があり、将来的メリットが大きいです。

別荘として住宅を郊外に購入するのとは違うので、せっかく購入する住宅は資産価値の高い住宅を選ばれる事をお勧めします。

住み心地の良い家を求めるのは当然です。

しかしこのサイトで何度もお伝えしているように、本来の家選びのは将来の資産価値でです。安い買い物ではない住宅はやはり資産価値は意識して選んでいただけたらと思います。

☆不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。