近年、台風被害が拡大しています。ニュースを見ると「観測史上最大の」という言葉が毎年のように効かれます。

今回は火災保険の観点から台風被害についてお話します。

台風は年間約26個発生しますが、8月から9月にかけて多くなります。(1981年~2010年までの平年値)

熱帯地方の海上で発生する低気圧のうち、北西太平洋または南シナ海で発生し、最大風速がおよそ17m/秒以上になったものを台風といいます。

台風の「大きさ」や「強さ」は風速(10分間平均)をもとに分けられ、「大きさ」は強風域(風速15m/秒以上の風が吹いているか、吹く可能性がある範囲)の半径、「強さ」は最大風速で表します。

■台風の大きさについて

強風域の半径が500㎞未満の場合には大きな表現しませんが、強風域の半径が500㎞以上~800㎞未満を「大型(大きい)、800㎞以上を「超大型(非常に大きい)」としています。

なお、「大型」は、東北地方から近畿地方がすっぽりと収まる円と同じくらいの大きさに相当します。

ですから、大型の台風が接近または上陸すると、日本列島の広い範囲に影響を及ぼすことになります。

■台風の強さについて

最大風速が33m/秒未満の場合には強さを表現しません。

最大風速が33m/秒以上~44m/秒未満を「強い」、44m/秒以上~54m/秒未満を「非常に強い」、54m/秒以上を「猛烈な」としています。

■台風による暴風の被害を防ぐために

猛烈な風が吹くと、走行中のトラックが横転し、多くの樹木が倒れるなど、屋外での行動が極めて危険となります。

瞬間的には竜巻のような激しい突風を伴うこともあるため、台風が接近する前に、飛ばされそうなものはしっかりと固定するか屋内にしまう、窓や雨戸は必要に応じて補強するなど、早めに備えましょう。

■台風の進行方向の右側は暴風に警戒が必要

台風は反時計回りに強い風を吹き込みながら、上空の風に流されて移動します。

台風の進行方向の右側では、台風自身の風と台風を移動させる上空の風が同じ方向に吹くため、風が強まります。

台風の進路を確認する際、進行方向の右側にあたる地域では、特に暴風に警戒してください。

台風が日本付近に接近すると台風情報が発表されますが、台風の強さ(中心気圧や最大風速)は台風が進むコースによって大きく変わる可能性があります。

常に最新の予報を確認して、早めに家屋を守備えや避難をすることが大切です。

☆不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。