お客さまの方からいろいろご相談をいただきます。

他の業者さんからこんなことを言われたとか、たまにあるのです。

今日は、こんな質問をいただきました。

別荘地を売却するために、自宅の近くの不動産業者に売却を依頼して契約を結びました。

媒介契約ですね。

すると、「広告を打つので50万円を至急振り込んでほしい」と言われたと、「どうすれば良いですか?」ということで。

知り合いの業者さんにお願いしたのです。

びっくりしますよね。

まず最初にお金を50万円入れてほしいということです。

広告費用ですね、通常はあり得ないです、こういうことは。

広告宣伝は仲介手数料をいただいたその範疇で、ご自分でするものなのです。

だから、それはないと思うのです。

だから、頼んでおいて、「これが要るからやってほしい」という時以外は、払う必要はないと思います。

なぜこんなことが起こるかということで、ちょっと私考えてみたら、思い当たるところがありまして。

近くの不動産業者さんにお願いをされたということです。

別荘地はたぶん近くないですね。

そこにある不動産を近くの業者さんに頼むということになると、その方はあまりその別荘地のことをご存知ない。

いくらぐらいかとか、どんなニーズがあるかとか、あと、その別荘地の中で位置している場所と建物とか、どうなるかによって価格が変わりますよね。

相対的な価格は理解できるのかなというふうに思います。

誠意ある業者だったら、現地へ行って調べて、これならいけるというふうになるかもしれません。

でも、ひょっとしたら、まあまあ言われたら、売りに出したら売れるかなという軽いノリでされているかもなと思ったのですけど。

これは、とても大事なことでして、不動産を売るというお手伝いをする時は、買主さんに選ばれるような値付け、選ばれるような売り方をしないと売れないのです。

選ばれるような売り方をしないと売れないのです。

ほとんど価値のない別荘地がどんどん増えていますし、一部の人気のところは売り物があって売れていくようですが。

なかなかそうは売れないという中で、どうやって売るかということになると、その地域の地域特性をしっかり知り抜いている、こんなニーズがあるかないか、今どんなものが売りに出ていたか、過去どんなものが成約されたかということを踏まえて価格設定をするということが大事です。

この近くの業者さんがそれができるのかなと。

なので、遠いから広告宣伝をして集客しようという時にする場合は、これは難しいと思います。

ですから、そういうことを安易に受けないというのを仲介業者として大事なことです。

そのことを分かっていたら、その仲介業者さんは、しっかり調べて、その地域に根ざした業者さんをお探しになって、そこに直接頼まれる。

もしくは、そういうところと人間関係をつくって、そことタッグマッチを組みながら。

売主さんのことをよく存じているのだったら、買主さんはそちらで探してよということで、人間関係を作ったうえで同じ共同作業として売却をするというふうにすると、50万円なんて要らないと思います。

売主さんは安心ですよね、近くの知り合いに頼むと。

遠くの方、知らない方に頼むより安心だと思うのです。

だから、50万円云々の話でなくて、そういうふうな対応をしてくれるところをお探しになる。

信用できて、遠方でも対応できる人、これは業界では結構横の繋がりがある業者とない業者がありますから、そこはお調べになられると良いと思います。

でも、最近は業者の情報もインターネットで手に入るし、この業者が何を売っているかというのもだいたい分かるので、そこと関係を作る。

作れなかったら、その業者さんは、「いや、私どもは無理です。ここに直接お願いしてください。私が言っておきます」、これぐらいのことはしてほしいと思います。

☆不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。

https://youtube.com/watch?v=aruzTle5HNg