いろいろなご質問をいただいて、お答えをさせていただいています。

中古住宅の購入の売買契約を行った後、他に気に入った物件が見つかったので、手付金放棄して契約を解除しました。

この場合、仲介手数料はどうなるのですか?ということで、たぶん、仲介手数料を請求されたかもしれませんね。

こんなご質問です。

手付金放棄ですから、額は分かりませんが、一旦払ったものを放棄してでも他の物件が良いなと思って、買うのをやめたのです。

契約に従って手付金を放棄されたと。

あると思います、こういうことも。

その場合は、原則は仲介手数料は必要になってきます。

買えてないのにと思われるかもしれませんけど、これはなぜかと言うと、媒介契約書というところに取り決めされていまして、「契約が成立したとき」と書いてあります。

これは、「支払をしないといけない」とは、実は書いていないのです。

これは面白い表現なのですけど、「契約が成立したら請求することができる」というふうに書いてあります。

ですから、請求できる。

宅建業者がですよ。

ということは、これは様々なのです、宅建業者によって対応は。

ですから、請求されても文句は言えないけど、請求しない業者もいるということになります。

原則、契約成立=必要だという考え方です。

でも、されるかどうかはケースバイケース。

ちなみに、当社はたぶんしないです。

その方が、当社で買ったけど他を買われたら、これは致し方ないです。

その済んだことの請求して嫌な思いをされるより、次の仕事をしようかなというふうに私は思っているのですけど。

でも、一般的には請求されることもあります。

但し、これ以外のケース、類似のケースを言いますと、今、手付解除ですけど、住宅ローンを組んで買うという契約をなさった場合に住宅ローンが組めなかった時に契約がなかったことになると、この場合は一切要りません。

なぜかと言うと、契約が成立しないということになるのです。

停止条件付契約ということになります。

これは何かと言うと、ある条件が満たされたら買うと、満たされなかったら契約はなかったことになる、白紙解除ということになります。

こんな場合は請求は一切しない。

もう成立していないので、発生する根拠がないということになります。

こういう場合は一切払う必要がないです。

こういうことで、ケースバイケースなのですけど。

先ほどの話、例を挙げると、大阪の宅建協会で作っている契約書には「契約が成立したら仲介手数料が必要」だと明記している契約書が結構あります。

契約の時にそうなっていたら、こういうご質問はないと思うのですけど、はじめから明記しているところもありますし、していないところもあります。

原則は要る、でも、されるかどうかはケースバイケースということになります。

気持ち良い取引をしていただいたらと思います。

☆不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。

https://youtube.com/watch?v=5fEV7fKa0Ec