2014年5月に豊島区は23区で唯一、「消滅可能性都市」と指摘されました。

消滅可能性都市とは、人口流出、少子化が進み、存続できなくなるおそれがある自治体のことです。

えっ?

と思いますよね。

■豊島区が消滅可能性都市に選ばれた要因

豊島区は人口自体は増加傾向にあります。

しかし下記の点が不安材料です。

・転出入が活発であり、定住率が低い傾向にある。
・単身世帯の割合が多く、その半数が若年世代。

これらの背景が「消滅可能性都市」に選ばれる要因となったようです。

交通の利便性がよく、職住遊接近型の暮らしができる環境は子育て世代にも魅力的である反面、建物が密集しているがゆえに大規模公園が少なく、ファミリー向けの住宅供給も少ないというデメリットがあります。

そのため少子化が加速すると予想されたのでしょう。

これを受けて、豊島区は魅力的な街づくりに着手しています。

「豊島区国際アート・カルチャー都市構想」「としま100人女子会」などの政策を掲げ、行政と民間が一体となり、妊娠や出産の相談や「子育てナビゲーター」の設置などで、子育てしやすい環境の整備を始めました。

また、市街地の再開発により、区役所のある超高層タワー「としまエコミューゼタウン」の再開発プロジェクトや、住宅・オフィス・商業施設・保育施設等により木造住宅密集地域の改善を行うとともに、防災拠点と連携した防災機能を導入し、災害に強い街の実現を図るようです。

大学の新キャンパスの開校予定や「Hareza池袋」というミュージカルや伝統芸能を公演するホールや、アニメ、サブカルチャーを楽しめる空間として8っの劇場を備え、「中池袋公園」はアニメファンの女の子たちの交流の場を作ったり、「豊島区立トキワ荘マンガミュージアム」をオープンさせたりと、若い人達が街に増えて賑わいを見せるようになってくるかと思います。

街が活性化すると、その街に住みたいと思う人が増え、資産価値が高くなっていくと思います。現状だけでなく将来に向けて、自治体がどのような政策を検討しているかも、街選びの視点として持っておくといいですね。

☆不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。