今回は旗竿地のメリットとデメリットについてです。

土地の形状として「旗竿地(はたざおち)」と呼ばれる土地があります。

文字通り、旗のような形をしており、通路部分の奥に宅地が広がる地型です。

一般的には、整形地よりも土地評価が下がりますが、実際の住みやすさなどはどうでしょうか。

■旗竿地のメリット

●通りに面していないので静か

道路と建物の間に距離があるので、前面道路の交通量などが気になりません。

また、リビングにいるときに通行人と目が合ってしまう、といったケースもありません。

プライバシーも保たれます。

●整形地よりも、土地が有効利用できる

それぞれの土地には建ぺい率、容積率といった、建築できる建物の面積に制限がありますが、旗竿地の場合、通路部分も宅地面積として計算に算入できますので、結果的に宅地部分に目一杯建築できるケースもあります。

●購入価格が低い

整形地に比べるとやはり土地価格が下がります。

立地重視で物件を選ぶ場合には選択肢を広げるための手段になります。

●広告、チラシの投函が少ない

通路部分を入った敷地の奥にポストを設置すると、広告やチラシの投函がほとんどありません。

いらないチラシなどを詰め込まれる心配はありません。

訪問販売や営業なども少ない印象です。

■旗竿地のデメリット

●車の出し入れ、通行が不便

通路部分の幅員がしっかりない旗竿他の場合、車を止めてしまうと自転車が通れないなど、不便があります。

車種をコンパクトカーにするなどの工夫も必要ですが、幅員3.0m以上は欲しいところです。

●陽当たりが悪いことがある

旗竿地の場合、隣地の建物にぐるっと囲まれている場合もあります。

また、メリットである宅地部分に目一杯建築できる反面、隣地建物との距離が近い、というケースもあります。

こうした場合、陽当たりが悪くなります。

●建築費用が嵩む

リフォームや建て替えなどを検討する場合、道路に面した整形地よりも建築費用が嵩んでしまう場合があります。

通路部分が狭いと大型重機などが入れず、工事が手作業になってしまうこともあります。

旗竿地は、やはり通路部分の幅員が重要です。

旗竿地のメリット・デメリットの一般論でした。

もちろん、旗竿地であっても、陽当たり・風通し良好な土地や、工事に支障のない物件もあります。

気になる物件情報がありましたら、ぜひご相談ください。

☆不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。