火災の発生件数や対策についてお話したいと思います。

まず、火災の事故についてですが、年間どのくらい発生しているかご存知でしょうか?

2018年には年間37,981件。

個人的にはかなり多いなという印象です。

火災の発生原因としては、コンロが1,814件(16.5%)で最上位、次がタバコで1,346件(12.2%)、次に多いのがストーブで901件(8.2%)となっています。

消防庁では住宅防火対策として寝具、衣類及びカーテンからの出火を防ぐために、防炎品の使用を推奨しています。

防炎品には防炎物品(消防法で使用が義務づけられているもの)と防炎製品(防炎性能基準に適合した製品)があります。

高さ31m(概ね10階建て以上)を超える高層マンションで使用するカーテンやじゅうたんは居住する階数にかかわらず、全ての部屋で防炎物品を使用しなければなりません。

防炎物品には「消防庁登録者番号、防炎、登録確認機関名」が書かれたラベルが貼付してあります。

消防法に基づく防炎対象物品以外の寝具類、衣類、シート類、車両のボディカバーなどにも防炎性能を持っている防炎品があります。

これらは非常に燃えにくい素材でできています。

住宅火災の防止に活用してみてはいかがでしょうか?

せっかく購入した家だけでなく、家族の命も守るためには、しっかりと防火対策が必要です。

火災保険についてご質問等ございましたら、お気軽にご相談ください。

☆不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。