延べ床面積40坪の家というと、約132平米の広さということになります。

これだけの広さがあると、かなりゆとりのある間取りにすることができます。

ところで、40坪の広さというと、日本の平均的な家と比べて広いのでしょうか?狭いのでしょうか?

床面積・敷地面積の全国平均は?

こちらの記事で一戸建ての坪数の平均を調査しました。

この資料によると建売住宅住宅面積は全国平均30.5坪敷地面積は全国平均39.5坪でした。

注文住宅の場合は住宅面積の全国平均は38.4坪、敷地面積は全国平均75.7坪でした。

これは住宅金融公庫の調査による資料ですが、総務省統計局が作成した資料もあります。

総務省統計局の資料によると、1住宅当たり延べ面積に関して一戸建てかつ持ち家の場合、131.72平米となっています。(平成25年)

(出典:総務省統計局

131.72平米ということは、約40坪です。

延べ床面積が40坪ということは、敷地面積もおそらく同程度だと推測されます。

2階建ての場合、20坪+20坪とすれば、建築面積は20坪になります。

建ぺい率50%とすれば、敷地面積は40坪となります。

東京都心では40坪の敷地面積を確保するのは難しいかもしれません。

しかし、40坪の家を建てることができれば、かなりゆとりのある間取りにすることができます。

40坪の広さの家・理想の間取り5選

40坪での間取りをいくつか見ていきましょう。

40坪6LDK子供が4人いる場合の間取り

リビング・ダイニング 18畳

子供4人というのは、今では珍しいですが、40坪あれば、子供部屋を4部屋取れるということですね。

LDKで18畳なので、ここはちょっと狭く感じるかもしれません。

40坪4LDK収納の多い住宅の間取り

リビング・ダイニング 20畳

40坪あれば、LDK20畳取れます。

先ほどの間取りと比較してLDKは2畳しか違いませんが、2畳違うということは、約6.6平米違うということ。

3m×2mの広さが加わるということですから、2畳の違いというのはかなり大きいです。

リビングに和室が連続する間取り

リビング・ダイニング 20畳

こちらはリビングに和室が連続する間取りです。40坪で4LDKだとそれぞれの部屋も余裕があります。

40坪4LDK北玄関の間取り

リビング・ダイニング 18畳

こちらはLDKで18畳ですが、2Fに物干し室がある間取りです。

動線や日当たり・風通しなど、考えるポイントはありますが、室内物干しスペースをうまくプランに取り入れると、洗濯動線が効率的になり、家事効率が上がります。

40坪4LDK広い土間と物干しスペースのある間取り

リビング・ダイニング 20畳

こちらも2階に物干しスペースがある間取りです。

思い切って和室を取っ払って3LDKにしてしまえば、広々LDKで快適かもしれませんね。

まとめ

延べ床面積が40坪の家は日本の平均と比べて若干広い。

予算、利便性、ゆとりの空間、何を一番重視するかによって実現できることは変わってきますが、40坪あるとかなりゆとりのある間取りが可能です。